こんにちは!こんばんわ!
イベント21 神奈川支店の石井です!

今回は僕、石井という人間が、今までどんな人生を歩んできたのか?どうして今があるのか?を紹介させていただきます!!

自己紹介

はじめに自己紹介から!

■石井 謙司
神奈川県出身。
1997年生まれ。丑年です。
好きな食べ物は、いくら。
嫌いな食べ物は、トマト。
趣味は、ダンス・歌・絵・サッカー。
特技は、大体の曲をハモれる。

幼少期

幼稚園入園するまでは兄の真似ばかりしてました。

2001年  幼稚園時代

キリスト教の幼稚園で毎朝アーメンって言ってました。
お遊戯会の発表では羊飼いと天使の劇で羊飼いBとかそこらへんの役をもらってた気がします。

この頃から歌って踊って絵描いてという毎日を繰り返してました。

小学生

2004年 小学1年生~6年生

小学2年生の時にサッカーか野球を始めよう!となり、仲の良い友達がサッカーやってたのでサッカーを始めました。
もともと運動は好きだったのと得意だったので、割と早めにスタメンに選ばれました。
合宿先の大会とかで優勝したりしたんですよ!
小学4年生から同じサッカークラブ内でフットサルもやっており、
小学5年生の時には、元日本代表の北澤豪選手主催の北澤カップにも出場し、
小学6年生の時には、湘南ベルマーレの試合前にフットサルの大会の決勝をして(ライブで言うオープニングアクト的な)プロの選手みたいに名前呼ばれて出てきたりしてました。その大会も優勝しました。

小学5・6年生の時はサッカークラブの中で駅伝に出ました!
よこはま国際ちびっこ駅伝!何百組の中で初出場で9位入賞しました~!

中学生

2010年 中学1年生~3年生

小学校の名残でサッカー部に入りました。
もうずっとサッカーですね(笑) そろそろサッカーの話やめます。

中学は幼い頃から好きだった絵が役立ちました。
美術の成績はずっと5でした(笑)
体育祭では、色ごとにマスコット(キャラクター)を
どでかいパネルに描いて本番飾るというがあって(他の地域はそういう文化あるのかな?)
パネル長というのをやってました!

高校を選択する時に、美術の専門校に進学するか、普通校に進学するか迷っていたくらい好きでした。
まだ他にもやりたいことがあったので結局普通の高校に進学しました。

高校生

2013年 高校1年生~3年生

みなさんも分かると思いますが、一番遊んでた時期です。
高校ではとりあえずサッカー部と、元々音楽が好きだったのもあり軽音部にも入ってました。
出だしの楽器はベースでした。でも指そんな早く動かせない!指痛くなる!という理由で割と早めにベースを肩から下ろし、
ダンスと歌が好きというのもありリズム感は良かったのでドラムに移行しました。一番やりこんでたのはドラムです。
楽譜は読めなかったので全部耳コピでしたが、、、、

あと高校時代はライブにハマってました!
その頃から、好きなアーティストの仕事に携わりたいなと思い始めてました。

専門学校

2016年 専門1年生~2年生

音楽に関わる仕事を目指し、弊社にもかなり出身が多い東放へ進学。
もともと舞台監督志望でしたが、想像と真実に違いがあったのと、
色々な方面を勉強してみて他の職業もいいなぁ!となり模索してました。

そんな時、学校説明会に来たのが、当時神奈川支店長だった小杉さんと、当時新卒の中村さんでした。
正直後ろの方の席で話を聞いてました。ですが話聞いているうちに気になるな~。なんでもやってる会社だな~と感じ、
説明会直後に声をかけたら、小杉さんに出身聞かれたので、「神奈川です」と言ったら、
「じゃあ神奈川だわ!」と言われて正直、なんだこの人…(笑) と思った反面、
この人たちと一緒に働いたら楽しいだろうなと思い面接へ。

一次面接は自分の中で上手く話せたと思いました。
ですがまさかあんなことが起きるなんて・・・・

金ピアス

二次面接は社長も、、、という事で一次面接以上の緊張。(笑)
なのでけっこう話す内容練習してました。
ですが当日会社に着くまでも話すこと確認していたら左耳についていた金ピアスの存在を忘れていました。
気づいたのは、社長と結構話した後、
小杉さんから「石井君、とりあえずピアスはずそっか?」と言われてからでした。
「すみません!!!(あ、終わった、、)」と就活生失格の僕はすぐに外し、焦りながらもスーツのポケットにピアスをしまいました。
そのあと小杉さんが「今の反応を見ても分かる通り素直な子なんです」とフォローの言葉を社長に言ってくださいました、
今でもあの瞬間は忘れません。(笑)

その後も面接は続き、最後に改めて無礼を謝罪しました。
すると社長から「ピアスひとつで落とす会社ちゃうから安心して!」と言っていただき内定をいただきました。
就活生のみんな、僕みたいなことは絶対にしないように!

イベント21入社

2018年 イベント21 入社

冒頭のあんな小っちゃい子が社会人になりました!
新卒時代のビジョンは何事も挑戦! 1年目標は「リーダーになる」
新卒の頃から150万円の大型案件をやらせてもらったり、
当時、会社としても初開催だった、横浜ウィンターゲートをベンチマーク委員会委員長として責任者という形で任せてもらいました。
新卒時代の経験は今の自分にかなり役立ってます。新卒だからできない。任せられない。がなく
手を挙げ、やる気がある人に任せてくれるイベント21だからこその経験・成長だと思いました。

あっという間に後輩ができる

2019年 入社2年目 リーダーへ

2年目はチームリーダーに挑戦!ビジョンは「no regret ~挑んで成長しよう~」です!※どうか変なビジョンだなと言わないでください。
初めて後輩を持ち、後輩にも自分の経験から、怖がらずに挑戦していこう!ということ伝えてきました。
やって失敗するよりやらない方がもったいなくない?後悔しない?ということをチームのベースに置いてました。
自分自身は2年目も引き続きベンチマーク委員会の委員長として横浜ウィンターゲートの責任者として頑張ってました。
当時チームの新卒だった関根は来年(2020年度)、関東イベント21祭り委員会の委員長をやる!と手を挙げてくれました。
今もそうですが後輩の成長を感じると感動します。

そして今!

2020年 入社3年目

2020年度は引き続きリーダーをやらせてもらってます。
ビジョンは「~した甲斐あった!で上の階へ」です!※また変なビジョンだなとか言わないでください。
2020年度1年は細かい事もなんで上手くいったのか?を追求します。逆になんで上手くいかなかったのか?もそうです。
何か成功した時や成果を残した時は、〇〇した甲斐あった~!頑張ってよかった~!という部分があるはずです。
今年はそんな追及のもと頑張っていきます!!

お読みいただきありがとうございました!